FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

登米市を始め大工賃金が1.5倍・2倍と高騰しているとの、被災地の建設事情を聴く。しかしながら、登米市の建設・工務店の賃金は「13000円」と聞き、南三陸町建設職組合も同等の額と言う。
現在大工さん不足で町外・県外から職人を連れてくる建設業者は、どうしても割高になると言う。通勤や宿舎の料金分の賃金が上乗せとなり、2倍前後となる。
我が家も6月末の基礎工事から、現在の状況が今日が写真で、完成が11月末なのにこの状態にある。名古屋の建設会社は県内の工務店との下請け契約を結び、工事に着手したが、下請けの建設会社が自社のお得意の仕事を優先し、南三陸町までの工事現場には行くのが難しいと言い訳を言う。
高台の4年後の志津川市街地の再建は、こんな建設事情を今から考えると、何年経って家ができるのか想像もつかない。しっかりとしたハウスメイカーとの建設契約をお勧めする。
意外と地元業者が安心して頼める。
工事着手は土地が確保できて「建設許可」が取れて、その前に建設見積・金利補助の申請の準備ができ、合わせて浄化槽や太陽光・水道の補助事業への申請準備ができる。
急いでの建設会社を決めると、とりあえず基礎工事を始めれば、お客さんが離れられないと、基礎だけは直ぐ工事に入ると言う。
確実な信用の在る建設会社が良い。今でも1年待ちが当たり前で、住宅材料は高騰している。4年5年は掛かる高台造成、町から「終の棲家」を早くと、人口流出は加速するだろう。
スポンサーサイト
2013.12.23 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nobu3minami277.blog.fc2.com/tb.php/20-c4740547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。